mail
電子メールは私たちの生活の一部として、もはや切り離すことのできない便利な通信手段です。
毎日、天文学的な数のメールが世界中でやり取りされています。

  • アドレスを変更しました
  • お久しぶりですね
  • ご無沙汰しています
  • 先日はありがとうございました
  • メール届いていますか
  • お疲れ様です
  • お問い合わせの件
  • 見積書の件
  • 請求書を添付します
  • クロネコメール配送便センターよりお届け物のお知らせ

上のようなタイトル(件名)のメールを受け取ることはありませんか?
差出人は本当にお友だちですか?お知り合いですか?お取引のある会社の人ですか?
身に覚えのある用件ですか?

知らない人から間違ってメールが届いたのかも?これは相手に教えてあげなければ!!

ちょっと待って!それ、本当に間違いメールですか?

親切心が仇になる、「間違いメールになりすました迷惑メール」ではありませんか?
内容を見てお返事をする前に考えてみましょう。

それでは、実際に私が最近受け取ったメールの一部をご紹介しましょう。

件名:【至急】打ち合わせの日程変更依頼

お世話になっております。△△株式会社の〇〇です。
明日の打ち合わせの件ですが、
●月●日(金)15時に日程を変更して
いただけないでしょうか。

急な出張のため、勝手ながら
打ち合わせの延期をお願いする次第です。

もし、●日のご都合が悪いようでしたら、
ご都合の良い日時をご指定いただければと存じます。

事前にご調整をしていただいておきながら
急な変更をお願いする失礼をお許しください。
至急ご回答のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

携帯:000-0000-0000

宛先を間違えているのでは、というメールですが、△△株式会社は実在しない会社です。
このメールのポイントは「●日」のところがすぐ翌日になっていて、見知らぬ誰かがすっぽかされてしまうのはお気の毒と、思わず教えてあげようという心理をついています。
ご丁寧に電話番号まで書かれています。
一見きちんとしているように見えるビジネスメールですが、じっくり読むとツッコミどころ満載です。(詳しくはのべませんが、かなりビジネスマナーに反しています。)
こんな営業さん、実在していても大した人材ではなさそうです。
放っておきましょう。

件名: 添付ファイルを送ります。

いつもお世話になっております。
先日の見積書を添付致します。
ご確認の上、まで連絡をお願い致します。
(添付ファイル:○○.zip)

タイトルの通り添付ファイルがついていましたが、おそらくウィルスのたぐいだと思います。
知らない人からのメールについてきた添付ファイルは開かない。これが鉄則です。
返信などを送ると永遠に迷惑メールが送られてきます。

差出人: ○○@shop.rakuten.co.jp
件名:楽天カードラッキーくじ当選のお知らせ

*******
楽天カード
ラッキーくじ
大 吉
*******

おめでと うございます

~プ レ ゼ ントのお知らせ~
●月●日の楽天くじにおきまして、下記の 商品がお客様へ送られます 。
大吉 当選商品
●●●
プレゼントの送付の手配をさせていただきますので、
お手数をおかけいたしますが、
【●月●日】までに 、下記にアクセスして頂き
ご送付先の登録をお願いいたします。
期限を過ぎてからのご登録は無効となりますので予めご了承ください

http://~~楽天市場に見せかけたよく似たアドレスが書かれています

最後のhttp://から始まるアドレスをクリックすると楽天のアカウントやパスワードを入力する画面が表示されます。個人情報を搾取されてどんなことに悪用されるか、分かりません。
銀行やクレジットカード会社、証券会社からを騙った優遇金利のお知らせや、セキュリティー関連でのメールもありますので十分に注意しましょう。
応募した覚えのないものには、まず当選しません。パスワードの変更など大切なことを誤字だらけのメールで送ってくる会社もありません。

ヤマト宅急便を騙った不在の荷物の再配達依頼メールのような内容で出会い系サイトやアダルトサイト(有料)に誘導されてしまうケースはニュースなどで取り上げられていましたね。

メールではありませんが、パソコンスクールの生徒さんの留守番電話に「サンクス○○店です。ご注文の○○が入荷しました。000-0000-0000(電話番号)までお知らせください。」と身に覚えのない伝言が入っているけど、どうしたらいいですかとご相談を受けたことがあります。
予約した覚えもないし、○○店がとんでもない遠くの地域だということなので、インターネットで調べてみたところ実際にはその名前の店がないことがわかりました。
おそらく折り返し電話を待っている詐欺だと思われます。

いかがですか?
宛先を間違って自分のもとに届いたように見える「間違いメール風のメール」にはつい親切心で「宛先を間違えていますよ」と教えてあげたくなりますよね。

mail2

それなら間違いメールが届いたら、どうしたらいいの?


知らない人からのメールに返信してはいけないということです。
迷惑メールかどうか、判断に迷うことがあると思いますが、「知らないメールアドレスには返信しない」に徹しましょう。

やさしくて親切な方の多い卓パソコンスクールの生徒さんには忍びない行為かもしれませんが、そこは心を鬼にしてください。
「メールアドレスを変えました」は詐欺メールの代表ですから、メールの本文に名前のないときは返信する必要はありません。もちろん、アドレス帳に登録するなんてもってのほかです。

もしも、ご自身が本当にアドレスを変更して、お友達にお知らせするのであれば、きちんと差出人名を記入しますよね?
はがきや手紙の場合は常識的に自分の名前と住所はきちんと書きます。これはメールにも通用する常識です。

「もしかして大切なメールが届かなくて困っている人がいるかもしれないか、ら教えてあげよう!」そんなお気遣いは無用です。
悪者は親切心に付け込んでウィルスを送り込んできたり、情報を抜き取ったり、詐欺を働いたりするチャンスを狙っているのです。

迷惑メールなのかどうか迷ったら、下のサイトに差出人のメールアドレスを入力して確認してみるのもおすすめです。

迷惑メールチェッカー